秋田市の土地売却は【秋田売却ナビ 秋田住宅流通センター】へ

住み替えのご相談

買替えの場合、購入と売却を同時に行えるのが理想的です。しかし、「自宅は売れたが次に住む家が見つからない」「希望の物件は購入できたが自宅が売れない」など、なかなかテンポよく話が進みづらいのが住替え・買替えの難しいところです。

理想的な住替えのかたちは「売り買い同時進行型」

住替え・買替えには、家の売却と新居の購入という2つの“大事業”を成し遂げなければなりません。2つのうちどちらを優先するかによって、売却を優先する「売り先行」と購入を優先する「買い先行」、そして、両方を同時に進める「売り買い同時進行」の3つに分けられます。

結論から言えば、いちばんスムーズに住み替えられるのは、売却と購入を同時に進める「売り買い同時進行」です。家の売却はできたものの新居が決まっていない場合、仮住まいが必要になります。逆に、新居は決まったが家がまだ売れていない場合、ローンの支払いが二重(ダブルローン)になることも。住んでいる家の引き渡しと新居への入居のタイミングを合わせることができれば、一回の引越しで住み替え完了となりますから、住替え・買替えは同時進行が理想的と言えます。

とはいえ、家の売り買いのタイミングを思い通りにコントロールするのは簡単ではありません。納得いく売買を実現するためには、時間と手間がかかります。そのため、売却と購入のどちらかを優先するのが現実的です。

それでは、家を売ってから新居を買う「売り先行型」と、新居を買ってから家を売る「買い先行型」、それぞれの特徴とタイミングよく住み替えるポイントをみていきましょう。

自宅売却→新居購入

「売り先行」のメリット・デメリット

メリット

自宅を売ってから新居を購入する「売り先行」は、一般的な住み替えのパターンです。売り先行の場合、売却益をそのまま購入資金に充当できるため、新居の資金計画が立てやすくなります。

また、売り急ぐ必要がないため、購入者との交渉を有利に進めやすく、不本意な値下げも起こりづらいメリットもあります。

デメリット

売却を優先した場合、次に住む家を急いで決める必要があります。タイミングよく見つからない時は、仮住まいを探す手間と2回分の引越し費用が発生します。

新居購入→自宅売却

「買い先行」のメリット・デメリット

メリット

新居探しで妥協したくない人に向いているのが、新居の購入を優先する「買い先行」です。じっくり物件を探すことができることに加え、新居を確保してから自宅を売却するので、仮住まいなしで住み替えられるメリットがあります。

デメリット

あらかじめ購入資金を準備しておく必要があります。また、自宅の売却に時間がかかると、二重ローンや短期の借り入れが必要になることも。
後述する「買替え特約」や「業者買取」を視野に入れることが、タイミングよく住み替えるコツだといえます。

納得できる住替え・買替えを実現させるには、自宅の売却と新居の購入をいかにタイミング良く行えるかが鍵になります。スムーズに事を進めるためには、売却と購入を同じ不動産会社に委ねるのがおすすめです。弊社は、売主様の立場で考え、親身になって住替え・買替え双方を全力でサポートいたします。しつこい営業はいたしませんので、まずはお気軽にご相談ください。

当社の売却物件を探しているお客様情報販売事例不動産売却コラム売却査定
秋田売却ナビ 秋田住宅流通センター

株式会社秋田住宅流通センター不動産売買店

秋田県知事免許(8)第1319号

〒010-0952
秋田県秋田市山王新町1番29号 TJビル
TEL:018-824-5000


営業時間:9:30 AM - 5:30 PM
定休日:土曜日(会社指定日)・日曜日・祝日

Copyright © All rights Reserved by株式会社秋田住宅流通センター不動産売買店